報道されると心が痛いです。

しかし山口県の2歳児さんが見つかったとのことで、本当に良かったとホッとしました。

それで思い出したことがあって…

全く行方不明とは関係ないですけど、小学生低学年の時のこと。近所の2年ぐらい年上の男子がいまして、友達と何人かで公園でドッジボールかなにかしていた模様。

で、ボールが溝に〜コロコロっと落ちました。そして蓋のあるところに入り込んでしまいました。

当然、それを取りに行った男子。溝に入る、そして手を伸ばすが、取れない。取れないどころかどんどん奥へ。

溝の蓋はコンクリートで固められていて上方に開かないタイプ。

ボールを取ろうと必死に手を伸ばして身体を入れているうちに…

あれっ抜けない(汗)

ということになってしまいました。

ということで、消防隊到着〜

最初は足を引っ張っていましたが、らちが開かないので、

重機登場!

ドリルでコンクリートの蓋を少しずつ壊して、男子の頭にコンクリート片が落ちないように慎重に。

そして1時間ほどで無事救出されました〜

周囲も安堵の表情。

何でこんなに詳細に分かったように書くのか…
一部想像の部分もありますけど、

野次馬!

で見に行って救出劇を見守ったからです。

田舎なんでね、なにか起こると見に行くものなんです😅

いいふうに書くと色んな目で見ているので抑止力が働くのです。

もうそんな田舎も少なくなってきたけれど、普通に近所の子供たちに何かあるかもしれないと、おばさんは気にしておくことにするよ〜(誰にも聞こえないけど)




Twitterもたまにつぶやきます→ @patician24

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村