今日は「敗戦記念日」でしたね。

73年前の今日戦争が終わりました。

祖母のおかげで戦争の愚かさを早い時期から感じることができたことに感謝しています。

住んでいたのが田舎だったので空襲はなかったのですが、
隣が大きな街だったので空襲があったと言っていたなぁ。
その燃える炎の明かりがほの暗い空に見えたとか
(本当かなぁ・・・)
20キロぐらい離れているのですけどね。

そして今は「火垂るの墓」の舞台に近いところに住んでいます。

あれも悲しい物語です。
戦争孤児は悲惨な末路を辿ったひとが多いと思います。

あの大義をかけた戦争が終わったことで呆然となり、そこからどのように生きて行ったらいいか・・・

とりあえずお腹を満たすためにどうしたらいいか・・・
そんなことをこの「敗戦記念日」を期に誰もが考えなければならなかった時代。

考えるよりも先に行動するしかなかったでしょう。
生きるか死ぬかですから。

もう二度とこのような悲しい想いをしないように、知っている世代からのバトンを受け継いで行きたいと思います。

Twitterもたまにつぶやきます→ @patician24

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村