私にはあるわけないのです。

でも小学2年くらいのときに、B29が襲ってきて、空襲警報が鳴るんじゃないかと冷や冷やしていたのです。

怖くて怖くて、毎年夏がキライでした。

これは昨日書いた祖母のおかげかもしれません。

というのも、
「B29がうちの家の上を通ってなぁ。田舎やから爆弾は落とさへんかったけど怖かったわ」
と、これまた毎年繰り返していたもので、空想追体験してしまったのかも。

だから、戦争番組を見ることが嫌でした。最近まで。全く興味もなかったのです。

でも最近、どのように負け戦をしていたのか、なぜアメリカは本土空襲したのかなど、NHK特集などで番組があるのを観てしまいます。

世界が不穏な雰囲気だからでしょうか。また同じ過ちを繰り返さないように「気分」とか「風潮」に負けてはいけないと思います。

そのために事実を知るのが大切なのではないかと思うのです。

ちきりんさんもおっしゃっていますが、決して被害者の面だけではないこともこの時期に思うのです。

利害の対立の解決策が戦争が必要ではないことを肝に銘じて。





Twitterもたまにつぶやきます→ @patician24
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村