腹は立てずに横にして

日々の想い、思い出話、雑然とした心の中を綴ります。
たまに毒っ気あり。

2017年10月

BOOWYの曲を勝手に紹介するシリーズ第3弾
第1弾
第2弾

今回もアルバム「JUST A HERO」から

「Plastic Ocean」
BOOWYの中では唯一の全部が英語の詞です。
珍しい全部が英語の詞です。
(後日追記:「PSYCHOPATH」も全部英語の詞でした)

詞を読むと
熱すぎる愛情を別れちゃった彼女に訴えている曲です。
というか未練。
はい、終わり。

いやいや、直接的な表現も英語にくるまれるとなんかいいですね~

I wanna sleep with you and make you come again.
I'm dreaming of your sweet  soft sexy body them.
I want you eat you lick you want you now.

中学生のワタクシは辞書を引き引き訳しましたよ~
だってlick=舐める やで
まだよくわかってなかったけどエッチな曲なんだなぁということは何となく…

男の失恋を
アップビートで軽ーく歌うヒムロック最高!!

アルバムでもCDにしか収録されていない曲です。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村

このブログタイトルについて・・・

ブログを書くにあたり
どんな名前にしようかと考えていた時
ふと浮かんだんです。

父が昔、ふと言っていた言葉。
「腹は立てずに横にして・・・」
その続きも何かあったような気がしたのですが
うろ覚えでして、調べてみました。

「人を大きく上にして 心は丸く 気は長く 腹は立てずに横にして 己は小さく下にあれ」

これが全文のようです。
調べているうちに父は腹という文字を横にしてメモ帳に書いていたことも思い出しました!

これこれ

そうなのよ~
もともとは達磨大師が言った言葉から来ているようです。
人生の教訓ですよ。
こんな風に思って生きられたらいいなぁと
ブログタイトルにしてみました。
(全然できてないけど)

それを小学生の私に教えた父。
言葉数が少ないので何を考えているかよくわからないのですが
こうやって教えてくれていたのかなぁと思います。

今度会ったときに覚えているか聞いてみようっと。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村

雨が多かったせいもあり
鬱々としております。

冬はうつ病が増えるそうな。なんかわかる気がする。

ちょっと仕事上でうまく行かないこともあり
というか、うまくいかせることができない自分を
ずっと責め続けるというネガティブマインドに入っております。

「結局自分はダメなんだ」
という思いがグルグルと廻り始めると行動することが億劫になります。


(c) .foto project

しかしこの気持ちは行動することでしか晴れないことも経験によりわかっています。

今やっていることが
みんな不要だと思っているんじゃないか
と不安になってきます。
これは誰かの視線を感じて自分で思い込んでいるだけなのでしょう。

誰かの役に立つと思えることを
やっていきたいと思います。シンプルに。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村

ちょっと違いますが
そんなような題名のドラマがありました。
まだ幼かったので
観ていませんでしたが。

買ったリンゴがワケありと書いてあり

リンゴ


表題にたどり着きました。

味は美味しいです。
リンゴ大好き!!

本日もご覧いただきありがとうございました。



山形県産 サンふじ りんご 5kg (ご家庭用/13玉-20玉入り/生食可)
posted with カエレバ



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村

ちょっと荷物を小さくしないといけない用があって

財布をいつもの長財布から小さくしてみました。


財布

札を四つに折りたたんで
必要なカード類(クレジット1枚、使いそうなポイントカード2枚)
のみ入れました。

それはそれは荷物は簡単で済みましたが
用が済んで長財布に戻すときに
「お札さんごめんなさい」と
つぶやいてしまいました。
なんとなく罪悪感・・・
というよりお札を曲げるとお金が貯まらないとか
変な迷信をここぞとばかりに信じる私です。

多分貯金とは何ら関係ないけど。




[コーチ] COACH 財布 (長財布) F11835 ダークティール SVCEH レザー 長財布 レディース [アウトレット品] [並行輸入品]
by カエレバ
posted with カエレバ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村

このページのトップヘ