伝説のロックバンド BOOWYの曲を勝手に紹介するシリーズ
第5弾

「DANCING IN THE PLEASURE LAND」



直訳すれば
「楽しい土地で踊っている」って感じかしら。
まいど意味不明な英単語が並ぶ
ヒムロックらしい歌詞です。

レフトハンドのMAKE LOVE 抱き寄せてパッション
交わす言葉には がんじがらめのフィクション
濡れたCAVEにそっと すべり込むアイロニー
パラノイヤみたいに 踊るムーンライト


CAVEってのは洞窟、つまり・・・そういうことですね。
パラノイヤ・・・偏執病 妄想性パーソナリティ障害の一つ

踊り狂っているんですね。

全体を通して
卑猥さと退廃がないまぜになった感じの歌詞と思っていいのだろうなぁ。

曲もそんな感じがします。
特に後奏でヒムロックが「DANCIN DANCIN THE PLEASURE LAND」
と叫ぶのと、布袋さんと松井さんの刻みが最高に卑猥ですよ。

上のYoutubeは1986年4月11日の埼玉のライブがアップされていて
これがかっけーので是非見てみてください。

4枚目のアルバム「JUST A HERO」の最初の曲です。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村