腹は立てずに横にして

日々の想い、思い出話、雑然とした心の中を綴ります。
たまに毒っ気あり。

カテゴリ: 幅狭

仕事でヒール(ベルト付きしっかりした5センチヒール)を一日中履いていたら、右足の薬指の上が靴擦れするという悲劇が起こりました。
閲覧注意
IMG_20180626_202641

皮がめくれてお風呂で滲みました

履いたことのない靴でもないのにこんなことが起こるなんて…

ヒールが前滑りして薬指が折れ曲がって上に当たっているのだと思います。より一層、趾を使わず歩くことになり後ろに重心が行っているのが分かります。

こうなった原因は
最近、ヒール靴を一日中履くことがほとんどなく、スニーカーで過ごすことが多いからなのか。
或いはグーチョキパー運動を怠っているから、もっと趾が弱っているのか。

こんなに趾が弱くなった原因は5年〜8年くらい前に流行ったムートン風ブーツだと私は思っています。通称「アグ風ブーツ」UGGのように皮革ではなく合皮でヒールもなくペタッとしたもので、内側が毛布のように起毛しているブーツ。これが冬には暖かいのですよ〜
それから冬なのでタイツを履きますよね、それも80デニールとか厚手の。そうすると中で滑るのですよ。前に行かないように踏ん張るので趾を使わず丸めてしまっていたことを覚えています。
時々拇趾球が痛くていたくて。

ブーツなので前滑りにも限界がありますが、サイズも23.5センチとかではなくMとかLとかいい加減でピッタリしていなかったので余計です。

それを3シーズン連続繰り返して、反り指に拍車を掛けてしまったと私は確信しています。

ほんと合わない靴で身体がを壊す〜本のタイトルみたいですが、実感です。

パーソナルデザイン的には私はスニーカーは似合わない方のような気がするので辛いのですが、何とか似合うようなコーディネートを探すしかありません。

と同時にこれ以上悪くならないように趾や体幹を鍛えるしかないと思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村








相変わらず幅狭ブログを詮索する日々です。
もう悩みはじめて一年経とうとしているのに、未だに新たなブログを発見するという検索方法に難ありな感じですf(^^;

HNIMGL9247_TP_V


いろんな方のブログを拝見するに、やはり東京方面に幅狭界を代表するお店が多く、地方に住む私たちは羨望の眼差しです。

いや東京に4月後半に行く予定じゃあないか。それなら幅狭靴に関係するとこ行っとく?てなわけで、
まず幅狭さんの救世主、神戸屋さん。
こちらは靴を売らない靴屋さんで、診断と調整のみ。Webで見てみると..予約できない..まあ御本も売れているようですし予約が取れないのは必至ですわな。
それに今、履いている(寝かせている)靴の診断とか調整とか10足までやってくれるって、持っていけるような靴がございませんもの。
タルタルガさんの一足を除くと幅がEとかのダメダメ自覚あり靴だけですもの(-_-;)
しかし靴を持っていけなくても自分の足を知る上で、いつか絶対行きたいお店です。

お次は銀座かねまつの銀座本店クチュリエ。
皆さんのブログによると、木型の踵は大きいとの情報。むむっ、私は踵も小さいので幅が合っていてもスッポ抜けたら意味ないなぁ。パンプスが合わないってホントに苦痛でしかないしなぁ。バンド、ストラップ付きオンリーなら行けそうな気もしますが..
そもそも東京でオーダーメイドするなんて無理があるわよね~送ってもらって履いてみて合わなくても調整できないし..

パンプスメソッド研究所も見てみましたが、調整できないので断念。そしてパンプス-は関西に来てくれることも多いのです。ありがたや~そのときに行くことにしましょう。

そして最近見つけたのが、先の神戸屋さんに行った方がお薦めされるという
「三茶スニーカー」
ホームページを見てみると、幅狭界で有名なパトリックほかスニーカーを知り尽くした店長がいらっしゃるとのこと。
仕事でスニーカーは一応ダメだけどギリギリOKなやつもありそうなので、
ここに行きます!

ということで、気合い十分です。
まずはどこにその店があるのか調べなきゃ~三軒茶屋ってどこだっぺ。
というおのぼりさんてすが、また行ったらレポートしたいと思います。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村

足を鍛えるなんて全く考えたこともありませんでした。
足


幅狭足であり、横のアーチが崩れている身としては全身に及ぼす影響が恐ろしすぎて最近はもっぱらお風呂上りに「グーチョキパー運動」をしています。

グーはこれ
グー



チョキは2種類ありますが2番目はほとんどできません。
チョキ1↓
チョキ1
チョキ2↓
チョキ2
必死で親指を奥に人差し指以降を前にしているのですが
パーと変わらない?!

パーはこれ
パー


パーが意外に難しいのですよ。
足が吊りそうになります。

吊りそうになるということはそれだけ足指を使っていないということです。

これを1日お風呂上りに5回やることを目標にしています。
それとお風呂の中で指を足指に入れて足首回しと足指を離れさせるように手の指で裂く感じにします。

これでだいぶ足指が使えるようになるはず!

幅狭足なので、日々靴の中で前滑りして足指が使えないので
このような苦労をしなければなりません。

まだ靴の問題は解決していないし、春になったらまた靴探しに出掛けねばと思っています。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村

きれいな格好をしていても
靴のかかとがカパカパして
↓のような状態
踵合わない


靴音がコツコツではなく引き摺っているような感じの歩き方をしている人。

ついつい若い女の子の歩き姿を見てしまう
変なおばさんになっております。

「あんた靴合ってないで~靴擦れできるやろ~」て
余計なことを言ってしまいそうになります。

靴を売らない靴屋で有名な
シューフィッターの西村康紀さんは
「その靴、痛くないですか?」という著書の中で
踵が合っていない靴は
インソールを入れても調整が難しいと書かれています。

靴を選ぶときはつま先立ちで立ってみて
脱げないのは必須らしいです。



こういうことを周知して
一人でも踵脱げのブサイクヒールを履かずに
ステキな女子になれたらいいのに。
とおばさんは思うのです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村

足が幅狭で靴を作った→
タルタルガさんの靴の履き初め→

そして、その後のお話。

今のところタルタルガさんには行っておりません。
自力回復を試みます。

アスファルトを歩くのがやはりキツイということで職場で履き替えして慣らしていくことにしました。

外に出ない日を選んで
職場内だけで履いております。

結果、
靴擦れもなく順調に履ける時間を長くしています。
母指球(親指のつけねのところ)でしっかと蹴って歩ける靴なので姿勢も自然とよくなります。

「素敵な靴ね!」と褒められることもしばしば。
「えーっとワタクシ、足の幅が狭すぎてね、セミオーダーしたの」
みたいな話をすると
「私も足が外反母趾気味で・・・」
「そりゃ、幅があっていない靴だから前に滑ってそうなってるんだよ。
幅の合っている靴を履くことが身体のために大事だよ~」
「その靴屋さんに行きたい!」

みんな靴のことは悩んでいるのでしょうね。

それくらい靴業界はお客様に寄り添っていないということですね。

私も自分が悩み始めて
いろんなブログを読ませてもらって
EEの靴がデフォルトの世の中がおかしいと思います。
だんだん幅狭さんの靴が買えるところが増えているとは言え、
限られています。
普通に足幅、踵細の話ができる靴製造者、靴屋、靴を売る人が
少しずつでも広がっていけばいいなぁと。


お財布事情もあるので
すべての靴を誂えることはできませんので、
意識的に幅の狭い靴を探し続けて行きたいと思います。
シンデレラみたい・・・?




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村

このページのトップヘ