腹は立てずに横にして

日々の想い、思い出話、雑然とした心の中を綴ります。
たまに毒っ気あり。

カテゴリ: ファッション

今までのバックパックがふにゃふにゃしてきたので一念発起。新しいのを求めました。
今と同じくらいのA4サイズが縦で入ってポケットもついていて色は紺色。値段は10000円前後。

この条件でZOZOTOWNで検索すること数日。数個の候補が見つかりました。

そこから、カジュアルすぎないこと出来れば撥水性が高い素材であることなど絞り込みをかけていき、こちらにきまりました。

じゃーん
バックパック表 バックパック裏


MILESTO TROT バッグパック
です。
大きいのでたっぷりはいります。
そして「CORDURA」ブランドの撥水加工されたファブリックを使用。
引手も引きやすくてよいです。
ただ内側にポケットがないことが残念でなりません。

今度の東京旅行に連れて行きます!!

楽しみです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村

パンストはあまり好きではありませんでした。

締め付け感と蒸れ感があるからです。

40過ぎて、夏でも冷えることを実感しているのでパンストがお友達になってきました。

最近、安く買える機会があったので色々と履き比べてみました。

まず





アツギのアスティーグのシリーズ。
こちら二つともつま先ヌードです。

私小学校の頃から靴下が親指ばかり破れておりました。
もうお察しかと思いますが、幅狭足で前滑りするので1回で親指に穴があきます(泣)

ということで、2日で1000円がパーになるという・・・トホホ

今度は同じ轍を踏まないように
GUNZEさんのこちら


つま先補強が必須です。
こちら着圧も気持ちよく、色も私は合っていたのでリピする予定です。


パンストについてはもう少し工夫してくれたら履きやすくなるのにという私見があります。

今回、アスティーグを購入してみてバックの印のところに商品名【黒】と書かれていました。

そこでバックのところに商品名と「色」(ナチュラルベージュ)とか書いてくれたらめっちゃ助かるのに・・・と思いました。

洗濯して次に履く場合に「これは何色だったか?」とか破れたので次の買う色を選定する際に、いつも店頭でサンプルを手に手袋のように入れながら色を迷わなければならないので、それがめんどくさい!

ということで、バック印の資材印刷コスト、付け間違えないようにする管理などを考えると、500円は見合わないかもしれませんが、メーカーの方考えてくれませんかね~

今はちなみに自分で書いています。
パンスト名前
何書いているのかわからん、
書くのは難しいです..

少し前になりますが春物パトロールをいたしました。

H&M まったく興味がありませんでしたが、その日は時間があったのでじっくりと見ることができました。表に出ているのは結構奇抜で誰が着るの?的な商品ばかりなのですが(それでもみんな買ってるよね・・・)よーく見てみるとベーシックもあるのです。


今回の戦利品は

H&M集合

ザッツベーシック。
完全に色味はブルべ冬です。
春らしいかと言えば春らしくはないけれど。

まずストール。

ストール

目の覚めるようなピンク。ショッキングピンク。
冬っぽいのはご愛敬。素材は毛100%なので活躍できるのは4月上旬までか。
96㎝×220㎝程度。かなりの大判ですが目が詰まっていないので巻いても意外とボリュームがないです。お値段999円!

続いてはカーディガン。
カーディガン

目の覚めるような緑。緑はブルべとイエベによって違うのですが原色に近いものならブルべ冬ですかね~ということで買いました。イエベさんは黄緑が似合うのでしょうが私は黄緑を着ると一気におばさんです。サイズはSサイズにしました。1年前にサクッと買った白はSSサイズでこちらの方がタイトに着られるのですが下に何か着るにはSサイズがいいと思います。素材は綿100%で中厚なので、こちらは4月下旬になると少々暑いと思われます。
着てからの評判は何も言われていないところを見ると可もなく不可もなくなのかなぁ。緑は似合わないのかも・・・

次はスカート。
スカート

どこでもそうですが、ボトムは試着必須です。次のクロップドパンツと共に試着は計5回はしましたよ。試着は疲れるので元気な時に・・・
さてこのスカートの気に入ったところは両側ポケットがあること、前の結びがあること、ハイウエストであること、素材がしわになりにくいポリエステル100%であること。欠点は少々丈が短いことで(総丈54㎝)膝が少し見えます。サイズはEUR38ということは日本のMサイズと同等かと。在庫はこの1点のみで他のサイズはありませんでした。(注 別日に行ったとき在庫が増えていました)
これはタイツと共に履く必要があります。40歳過ぎて膝見せるなんて勇気が要りますがデザインが気に入ったので。評判は良かったです。特に同年代の女性にH&Mだと言うと驚いていました。タイツ必須ということで活躍時期はもう終わりました。また来年ね~

最後にパンツ。
パンツ

素材は綿62%、ポリエステル33%、指定外繊維(エラスタン)5%。エラスタン=ポリウレタンのヨーロッパ デュポン社の商標ということで要は伸縮性があるかどうかということですね。表面は割と綿ぽくて気に入りました。まずMサイズのEUR38を履いてみたのですがブカブカでした。次に36サイズ。まだ少しぶかっとするけれどトップスをインするとウエストはこんなもんかなとお腹回りも少しゆとりがありますが、気に入ったので紺色と2本購入しました。これを決めるまでに他の類似商品も含めて4回試着しました。パンツは難しいですね。

実際履いてみるとやはり少し大きくて動くとずれるために股下64㎝でクロップド丈なのにフルレングスみたいになっとるやんかい!という感じです。あんまりスタイル良くは見えませんけれど、これで妥協しています。

ということで今回のお買い上げ
H&Mレシート


となりました。安っ!
10%offになっているのはアプリダウンロードの初回特典です。
店内を巡っているとおねーさんがリーフレットをくれますのでその場で登録しました。

ほぼ初めてのH&Mクルージングでしたがなかなか満足できました。
サイズが割とゆとりあるのかなぁ。普段MサイズなのにSサイズが入ってしまいます。

時間と体力の余裕があるときにまた物色しに行きたいと思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村






花見にうつつを抜かしていたので
全く進んでいない冬物の洗濯・・・
去年はカシミヤセーターを自宅で洗いましたが案の定くたっとなってしまったので今年は値段は張るけれどクリーニングに出そうと思います。

それからめっちゃ活躍してくれたカシミヤストール

ビリジアン

こちらも絶対クリーニングです。

自分で洗えるのは
無印のタートルネックセーターとユニクロのVネックセーターとパンツ類のみ。

平日帰宅後ぼちぼちやります。

セーターは平干ししてあらかた乾いてから釣り干ししなければ・・・
調べてみたら「3段平干しタイプハンガー」は収納するために畳むのが難しいらしいので100均で買います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村

相変わらず幅狭ブログを詮索する日々です。
もう悩みはじめて一年経とうとしているのに、未だに新たなブログを発見するという検索方法に難ありな感じですf(^^;

HNIMGL9247_TP_V


いろんな方のブログを拝見するに、やはり東京方面に幅狭界を代表するお店が多く、地方に住む私たちは羨望の眼差しです。

いや東京に4月後半に行く予定じゃあないか。それなら幅狭靴に関係するとこ行っとく?てなわけで、
まず幅狭さんの救世主、神戸屋さん。
こちらは靴を売らない靴屋さんで、診断と調整のみ。Webで見てみると..予約できない..まあ御本も売れているようですし予約が取れないのは必至ですわな。
それに今、履いている(寝かせている)靴の診断とか調整とか10足までやってくれるって、持っていけるような靴がございませんもの。
タルタルガさんの一足を除くと幅がEとかのダメダメ自覚あり靴だけですもの(-_-;)
しかし靴を持っていけなくても自分の足を知る上で、いつか絶対行きたいお店です。

お次は銀座かねまつの銀座本店クチュリエ。
皆さんのブログによると、木型の踵は大きいとの情報。むむっ、私は踵も小さいので幅が合っていてもスッポ抜けたら意味ないなぁ。パンプスが合わないってホントに苦痛でしかないしなぁ。バンド、ストラップ付きオンリーなら行けそうな気もしますが..
そもそも東京でオーダーメイドするなんて無理があるわよね~送ってもらって履いてみて合わなくても調整できないし..

パンプスメソッド研究所も見てみましたが、調整できないので断念。そしてパンプス-は関西に来てくれることも多いのです。ありがたや~そのときに行くことにしましょう。

そして最近見つけたのが、先の神戸屋さんに行った方がお薦めされるという
「三茶スニーカー」
ホームページを見てみると、幅狭界で有名なパトリックほかスニーカーを知り尽くした店長がいらっしゃるとのこと。
仕事でスニーカーは一応ダメだけどギリギリOKなやつもありそうなので、
ここに行きます!

ということで、気合い十分です。
まずはどこにその店があるのか調べなきゃ~三軒茶屋ってどこだっぺ。
というおのぼりさんてすが、また行ったらレポートしたいと思います。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村

このページのトップヘ