腹は立てずに横にして

日々の想い、思い出話、雑然とした心の中を綴ります。
たまに毒っ気あり。

カテゴリ: 日々のこと

とにかく不安感が朝からある。

いくら大丈夫と言い聞かせても
不安で仕方ない。
不安という現実はないのに…

主にお金の不安、働けるのかの不安、
この2つ。結びついている2つ。

お金はすぐに底をつくわけではないが
減っていくのを見るのが不安。

そして働くことがこの心身でできるのかの不安。
たとえ働けたとしても
支出>収入ではあるのだが、
ないよりまし…


現実にどうすればいいのか
本当に分からない。

来週、病院に行く。
働けるか打診してみる。
これ以上休職する方が病みそう。

どうしようか
毎日悩んでいる。


全ては留まることなく流れていく。
状況は変わる。それも真実。

それでいい。

昨日は、朝散歩して、
読書して
買い物に行って
まあまあ順調だったのだが、

少し躓くことがあって
そこから気持ちがダウンしてしまった。

夫に当たり散らしてしまったので自分でも余計辛くなってしまった。

家人のためにご飯は何とか作っておいて
あとは夫に任せた。(随分文句は言われたが)
8時過ぎに床に入った。
たまにはこういうときもある。
昨日はどうしてもお給仕する気になれず嫌だった。

横になっていると、これからどうなるのか考えていると不安になってきたが、何とか眠れた。

自分でも意外だったが
途中3回くらい目が覚めただけで
朝5時まで眠れた。睡眠薬は飲んでいない。

そんなときもある。

それでいい。





昨日は調子が良かった。

ご飯を作らなくてもいいという開放感!
どんだけ嫌なんだ。
食費削減とか栄養のためには作るしかないから、やらざるを得ない。

そして、昨日はピアノを弾きに行った。
何年ぶりか。
弾けないけれど弾きたがる。
でも不思議と指が動いて
自分が思うよりは弾けた。
それだけで自信がついた。
でもあまりやりすぎてはいけない。
腹八分目。

それでいい。

前の晩、眠れなかったからか
昨日は終日調子が悪かった。

午前中は夫と買い物に行き、食料を買って、本屋で欲しかった「ファクトフルネス」を買った。
午後から早速読み始める。途中、眠くて突っ伏して寝てしまったが。

世界は私達が思っているより良くなっていることが、データで示される。
私達はともすれば、悲観論者になりがちだ。それのほうが思考停止して楽だからだ。

マスコミの伝えるものが世界のすべてを表しているのではない、良いことは報じられにくいということを肝に銘じて情報は見なければならない。

今日も少しずつ読み進めよう。


夜は家人のご飯を作らなければならなかったが、連絡が来ないため、待ち態勢のまま、眠くなってしまった。
しばらくすると要らないとのことだったのでほっとした。

睡眠薬を飲んですぐに寝床に入った。
途中4回目が覚めたが7時間は眠れた。
やはり運動しないと眠れないのかも。
運動…筋トレとか?あんまり好きじゃないけど。エアロビクスとかダンスとか好きだけど、スポーツクラブに行くの面倒くさいなぁ…家で動画見ながらやればいいのか。


職場からは連絡があって
あと1ヶ月休むよう主治医から指示があったと伝えた。診断書を郵送した。
今のところ、休んでいてもいいらしい。
いつまで休ませてもらったらいいのだろうか…

職場に戻って私は使い物になるのだろうか。またネガティブになってしまうのだろうか。

でも働かなければ…

これは焦りだよね。焦りが一番良くないらしいけど、休職している人はどうしているのだろうか?



このページのトップヘ