腹は立てずに横にして

日々の想い、思い出話、雑然とした心の中を綴ります。
たまに毒っ気あり。

カテゴリ: 日々のこと

毎年この時期になると
広島、長崎と続き、先の無謀な戦争のことを思う。

こんなに身近に戦争を感じているのは祖母の影響が大きい。

祖母は毎年夏になると戦争の話をしてくれた。

夫(つまり私から見ると祖父)は私の父が生まれて一歳にならない時に戦争に行った。そして終戦して帰ってくるときの船でコレラに罹り亡くなったのだと。


後々父に聞いた話と紡ぎ合わせると、
昭和19年の終わりから20年のはじめ頃出征したらしい。だから戦争末期。憲兵なので軍隊の警察みたいなもので別に行かなくても良かったのに志願したらしい。しかもそんなに若くない28歳頃だった。

行ったところは中国の南の方。

「祖父はどんな想いで志願したのだろう」と考えるが平和ボケしている自分には想像もつかない。

世間がそんな雰囲気だったのだから、当たり前だったのだろう…

祖母は割と素直じゃないご老人だった。それは寡婦になって子供を育てなければならない悔しさ、悲しさが人生に色濃く残っていたからかもしれない。

今なら分かるのだが、小さい頃は「頑固な母親をイジメる婆さん」という感じしかなかった。

毎年戦争の話も同じなもんだから、私も飽きて適当に聞いていたけれど、今だったら、「おじいちゃんがいなくなってどうだったか」「若い頃の楽しみは?」みたいに会話できたかもしれない。

祖母が亡くなって6回目の夏。
月命日が祖父と同じ20日。

実家に帰って墓参しよう。

そして平和な時代に生まれ、祖父や祖母が守ってくれたからここにいることを感謝する日。

そんな日にしたい。






Twitterもたまにつぶやきます→ @patician24

すっかりブログの存在を忘れそうになっていました。

正直、インプットしていなかったので、アウトプットもできないという、単なるネタ不足でございます。

とりあえず遊ぼう!と飲んだり食べたりしております。

ウェイトオーバー気味なので少し節制しなければ!

twitterはちょこちょこつぶやいておりますので、そちらも良ければご覧ください。

ということで、今日もインプットに勤しみます。

ありがとうございました。








Twitterもたまにつぶやきます→@patician24

最近、飲み会やら、ひとりで落語、講談に出掛けることやらで

遊び過ぎかも…

働きはそんなに良くないですが、サラリーマンなので収入は関係ないです。

残業がないので10年くらい前と同じような収入で時々泣けてくるけど、責任ばかり押し付けられる管理職よりは薄給のペーペーの方が気が楽です。

数年前まではそのことが自分で許せなかったのに、もっと上を目指せる!てキャリアウーマンの痛い頑張りをしてたのに、ここ数年でこの変わり様!

しかし会社では一応頑張ってます〜ていうオーラは出しときます。

そうでないと転勤させられるかもしれないので。

部署が変わったら薄給な上に労働時間がブラックだから完全にアウト!

この部署で踏ん張るオーラを出しつつ、生活を楽しむつもりです。

まあいきなり異動もあるかもしれませんけどね。その時はその時考えようっと。






Twitterもたまにつぶやきます→ @patician24
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村

支出が0円の日は
何となく満足感。

頑張ったなぁ私。

誰も褒めてはくれないけれど、自分だけは讃えてあげたい。

1ヶ月に1、2回しかないけれど、少しずつでも増やしたいなぁ。

そうやって生活のレベルはあまりあげないようにしていこう。

そうすれば早期リタイアできるかもしれないし。

ほんとに辞める気あるの?

どうかなぁ。

辞めて何したらいいかわからないのが1番だめやな…

しばらくぼーっとしてみたいなぁ。

そうしたら、何かやる気が出てくるかもしれない。

なんてね。




Twitterもたまにつぶやきます→ @patician24
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村

有名な経済評論家の方がカミングアウトしたり、国会議員が差別的発言をして炎上したり、小さいころから辛い思いをしてきたり、してこなかったりでお互いにマウントしていたり、と何かと騒がしいLGBT界隈の話題。

それだけ、注目度が高いということですよね。

LGBTへのスタンスを調べるためにはこの質問が有効かもしれないなぁと思っています。

「自分の子供から同性が好きと告白された時にどんな反応をするのか」ということです。

この質問は他人事では答えにくいから自分事としてとらえたときにという意味でいいのかなぁと思います。

周りの人に聞いてみると「絶対いや」と言う人がいました。なぜかというと「気持ち悪い」らしいです。

一方、私には子供はいませんが「全然いいやん」と思います。「色んな志向があってもいいんじゃないの?」と思うからです。

しかし、どちらのスタンスでもいいと思うのです。

どういったスタンスであっても相手を認め合うことが必要なのではないかと。

そこから相手の考え方などがわかってくるかもしれません。一つのきっかけとしてLGBTについて話し合ってみるのもいいのでは。



Twitterもたまにつぶやきます→ @patician24

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村





このページのトップヘ