腹は立てずに横にして

日々の想い、思い出話、雑然とした心の中を綴ります。
たまに毒っ気あり。

カテゴリ: 日々のこと

だいぶ気持ちは回復してきたぁ。
やっぱり生理が精神に及ぼす影響は年々深くなってきてることを感じます。
更年期の入口に立っているのかもしれません・・・

それはさておき、もやもやしていること。
普通の業務にCという期間限定の業務が半年間くらい乗っかってきています。
Cという仕事は3月末に最高潮を迎えフィニッシュするのですが2月半ばからCという仕事しかしなく(できなく)なってしまうのです。本務はほとんどできなくなるくらい必死でやらなければなりません。

そして仕事Cは数十名のチームなのですが結局中心的な数名がそのような必死な状況になるのです。
私は本当にやりたくないのですがなぜかそのメンバーになってしまっています。

去年も同じような状況に陥っていたのですが去年は初めてCをしていたので目の前のことを必死にこなしていたので、「もやもや」感がなかったのかなと思います。


Cの業務は一見すごく会社のためになっているし、社長の肝いりみたいになっていますがみんな冷めています。いちおう上位会議に掛けてやるって決めてることだから誰も公に文句は言いませんが自分がやりたくない触りたくない仕事なのです。そして若い人たちの善意を利用していると私は少なくとも感じます。
それを「いい人の搾取、善意の搾取」と私は呼んでいます。
ちょっと前に流行った「逃げ恥」では「愛情の搾取」という言葉が話題になったと記憶していますが、それにちなんで私はそう呼んでいます。
だから必死でやっているメンバーに私は恨みはありません。
搾取する側、そう社長に私は恨みがあるのです。
そしてややこしくて関わりたくなくて、わかっているのに社長に反対もせず、押し付けてくる部長たちに腹が立つのです。

それを解決する方法はずばり「お金」しかないと思っています。
何のひねりもないけれど給料を上げてくれるか報奨金をくれれば私たちは(少なくとも私は)喜んでやります。

また来年以降もこの搾取は続くと思います。
私は絶対この搾取をされたくないのでもしもう一度やってほしいと言われたらきっぱりと断るつもりです。やるなら条件を付けます。給料を上げよと。(こんな言い方はしませんけどね)

ああ、ほんと毎日もやもやしながら仕事しています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村




平昌オリンピックが開催中ですね。

オリンピックにあんまり興味がないため、ほとんど見ていません。
ニュースで流れるのを見て、ああメダル取ったのね、などど眺めるのみです。

それでも若い人が頑張っているのを見ていると涙は出てきますが、それはオリンピックじゃなくてもそうなので別に関係ないのです。

でも多くの人がオリンピックでメダルを取るのを目標にしているのを見ていると、素直に頑張ってねと思うのです。でも興味はありません。テレビも見ません。

元々スポーツに熱くなるタイプじゃないからかもしれません。
ひねくれているだけかもしれません。
日本が嫌だと言っている割にこんな時だけ「ニッポン頑張れ」などど言う輩が気持ち悪いだけかもしれません。

ちなみにサッカーワールドカップにはもっと興味がありません。
サッカーのルールも知らないし熱狂的な人を見ると冷めてしまいます。

すみません、やっぱりひねくれモノなだけでした。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村




少しだけ前向きになれた感じ・・・

それにしても眠いのはなぜだろう・・・

寝ても寝ても眠い・・・

ここで下書きが終わっていたのでさすがにそれはダメでしょうってことで追記です。

昨日のバレンタインデー、見事に誰にもあげませんでした。

連れにも「チョコレート要る?」と聞いてみると「いらん」という回答だったのであげませんでした。

その代わり「ステーキ」をスーパーで買わされたけれど。

まぁチョコレートより安かったわ。それで喜んでくれるならいいのではないかと。

1か月後のホワイトデーでは私も肉を要求するつもりです。

こんな肉を食べられたら最高!!





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村

気持ちが復活してきたのに
少し風邪気味なのもあって身体がダルすぎます。
頭痛も..
集中したから緊張型頭痛かしら。

自分に向いていないことを精一杯明るく頑張るのはほんとにしんどいことです。

何か最近Twitterみたいな短文ブログで申し訳ないです。

もう少ししたら復活できるかなぁ..







この間、(うつうつとする少し前)職場の方との飲み会がありました。

職場の一人が絡み酒で・・・ほんとその人と飲みに行くのがいやなのですが断ることもなかなかできず行ってきました。

結論としては今回は私にはあまり絡んでこなかったので良かったのですが、帰宅後ずーっと「爪を噛んでいること」に気づいたのです。

爪を噛む癖は小さいころからあって深爪で痛くて痛くて仕方がなかったのですが、2009年のある日から突然止めることができました。止められたのは同じように噛んでいる人の姿を見て、自分が噛んでいる姿を想像してぞっとしたからでした。

今はストレスを感じた時だけ無意識に噛んでいるけれど深爪になるまで噛むことはありません。

最近はそんなに噛んでいる自覚がなかったのですが、あの飲み会の後は全指噛んでしまっていることにしばらくして気づきました。

やっぱりあの人と飲むことは私の中のストレッサーであることは間違いないようです。
なるべく飲みに行くことのないように断ることができるようにしようと改めて決意したのでした。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ