腹は立てずに横にして

日々の想い、思い出話、雑然とした心の中を綴ります。
たまに毒っ気あり。

カテゴリ: あの頃

高校時代にポケベルブームが来ました。田舎の普通のまじめな女子高生だったので持つことはありませんでした。それから大学時代にもポケベルは存在していたと思うのですが、特に縁もなく持つこともなくポケベルの時代は終わりました。

大学時代の終焉と共に携帯電話を持つことに・・・当時はこんな電話でした。
携帯電話P
持ってたのはこれでしたね~これでメールもしていたのですよね・・・画面小さい。

それから特に使うこともなくなったので手放してから3年くらいは携帯電話を持たなかった記憶があります。特に不便もなかったし。

次に持ち出したのは2000年代の始めぐらいだったかなぁ。そのころには折りたたみ式の携帯電話が主流になっていました。4台くらい変えたかなぁ・・・4台目のアンテナが折れて通話ができなくなったので、スマホへ変更しに行きました。それが2011年の半ば。iPhone発売が2008年らしいので周りに少しずつスマホユーザーが増えてきたころでした。

最初のスマホはSamsung製のこれ
ギャラクシー

そしてまたSamsungに換えてからの今はHuawai p10 liteということで
日本製を使ったことがない・・・そこに別に意味はない。

Samsung2台目の終盤にSIMをマイネオに変更。それまで8000円くらい支払っていたのが2000円程度に。今まで何でそんなに払っていたのか・・・時代は変わったなぁと思ったのでした。

携帯電話を持ってから今のスマホまで7台。足かけ22年なので少ない方かもしれませんね。

新しい機器にあまり興味がないというのもあります。もっと耐用年数が長ければいいのですが普通に使っていても2年くらいが限界。これがメーカーの策略というやつでしょうね。

あとスマホはOSのアップデートが古い機種だとできなくなってしまって、できないことや動作の遅さにつながるという・・・なんか自分のせいでないことで機種変せざるを得なくなるのがつらいです。

今の不満は家のWi-Fiの速度が遅すぎてパソコンからつながりにくいこと。(某ケーブルテレビの契約でLTEなのですが安いけれど最低の速度のやつなので)
スマホも4Gにつなぐことが増えて通信料が増加傾向にあること。最初は3GBだったのですが最近は6GBが当たり前です。

思い切ってWi-Fiとケーブルテレビの契約を切って、マイネオの最大30GBにしてみてもいいかなぁと思うのですが、パソコンをテザリングすると1GBとかすぐに消費するので難しいかもしれません。

ということで携帯電話の歴史でした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村






北海道には計5回行っています。
その中でテレビの旅番組で最近思い出したのが、釧路。

釧路は道東の一番大きな都市で釧路湿原が近くにあり、海に面しているため街中には海産物市場もありで観光地です。

そんな釧路には20年くらい前に北海道好きな両親と四泊五日で旅した際に立ち寄ったことがあります。

事前に調べていたので和商市場に行って海産物を丼ご飯の上にお店で好きに乗せる勝手丼を食べたり、北海道三大橋の幣舞橋(ぬさまいばし)に行って美川憲一の「釧路の夜」の流れるボタンを押したりして楽しみました。


そして夜ご飯は芸能人も良く来るというとある炉端焼へ。干物が吊るしてあって雰囲気満点でした。しかしお値段表がありません。

うちの父は飲み始めるととても機嫌が良くなる人なのですが、こういったときだけ気が大きくなるというか…それで次々にお酒と食べ物を頼みまして…

最後にお会計したら3人で¥30000も掛かってしまいました…母親が出していましたが、あとで3人で「高すぎない?!」とちょっと訝しく感じたことを覚えています。

あんな田舎で一人10000円なんて!
私達も田舎もんだったので足元見られたんじゃないかと後味が悪い釧路の夜でした。

あのときはレンタカーで廻りましたがどこまでも同じ風景が続く大地に飽きてしまい、それからは札幌、函館、小樽といった街にしか行っていません。

これから先行くことがあるのかないのか分かりませんが、北海道のいろんな思い出を時々振り返りながら生きていきたいと思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村

仕事をすることが好きかどうか聞かれると「好き」かなぁ。

今してる仕事が好きかどうか聞かれると「どちらでもない」

所詮会社で与えられる仕事は向き不向きなんて考慮されず「コマ」なので、「向かない」場合は異動願を出して「離脱」するか、会社を辞めるかどちらかしかないと思っていました。

その2択は私を40代になる前の私を数年苦しめました。

その時にキャリアカウンセラーの方に言われたのは「会社は好きだけれど今やっている仕事が嫌なのか、会社自体が嫌なのかハッキリさせたほうがいい」ということでした。
当時は前者だったので、転職を思いとどまりました。

そしてその仕事自体に慣れて、組む人も変わって安定したころに、また異動しました。

幸い今の仕事は先述の通り「どちらでもない」という色合いで今のところ思っていて、あんまり「仕事」というものについて考えなくなってしまっています。

しかしこの数年で会社の環境がガラッと変わり、最近は「会社自体が好きではない」感じ。未来が明るくないというか、表面取り繕って中身がボロボロになってきた感があって。

年齢的に転職はもう難しいのでチャレンジはしないけれど、そうなったら今の会社以外に生きられる道は、一昔前なら「資格を取って自分で起業」みたいな思考でした。


いろんな方のブログを見るにつけ、生活の質をある程度落とせば、パートやバイトで生きていける?!と思えるようになりました。

そして何よりも
好きなこと
をやることが大事とわかってきました。

それが収入に結びつくかは分からないですが。

生活するにも100均、UNIQLO、GU、ニトリ等々、安くて質のいいものは買えますし、所有することにこだわりがなければ、シェアリングエコノミーを享受しながら豊かに生きられます。

人生は長い、意図せず長い‥

好きなものを見つけられないと苦しい後半生になるのは目に見えています。

私も少しずつ分かってきたので育てていきたいと思います。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村

およそ30年ぶりに先生とクラスメートに会いました~

先生・・・全く変わっていない。還暦は超えているのに何でそんな若いのでしょう?!若いころから老けていただけかもしれないけれど。

男子・・・大体太っているか禿げているかですけれど顔に年輪が刻み込まれてくる年齢になってきてるよ~みんないい感じ。

女子・・・いいオカンです。見た目はあまり変わってない子が多いなぁ。すごい変貌している人がいましたが、キレイになっていたよ~。

クラスの半分以上が参加するという奇跡的な同窓会。

先生は私たちの一人一人をめっちゃ覚えていて、「教師という職業が天職だった」と言っておられて。いいなぁ、そんな仕事についてみたいわ。

私もほとんど変わっていないらしい。字まで「●●ちゃんの字や~」と言われたのでした。

地元を離れて20年以上。
ずーっと連絡している人はまったくいないけれど、こうやって集まれば普通に行くことができるのがうれしいです。

幹事さん、ありがとう!

つぎはアラフィフになってからかなぁ・・・


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村

いとこが亡くなりました。

私と同い年です。

10年くらい会っていませんでした。

ガンと闘っていたようです。

10年以上前から。

最近は調子が悪いことが多く吐血したり、抗がん剤の影響で歩けなくなったりしていたようです。

小さい時から病気がちなのは知っていたけれど、死と隣り合わせの生活を続けていたなんて。

知らなくてごめんなさい。


お通夜に行けました。

久しぶりにあった彼は白く硬くなっていました。

キレイな顔をしていました。

でももう話すことはできません。


夏休みになるとおばあちゃんちでよく遊んだね。

お正月には田んぼで凧揚げしたり、かけっこしたり。

テレビゲームもしたね。

思い出をありがとう。

向こうでお父さん、おじいちゃん、おばあちゃんと出会ってね。

肉体の苦しみから解放されて、光の指す方へ進んで、ゆっくり休んでね。

Kazukihiro18117016_TP_V



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村




このページのトップヘ