腹は立てずに横にして

日々の想い、思い出話、雑然とした心の中を綴ります。
たまに毒っ気あり。

タグ:コインチェック

2018年1月に大騒動となったコインチェックのXEMのゴックス案件。

取引所の信頼が揺らいだ仮想通貨にとっては大事件となりましたが、個人的には細々と投資は続けています。

XEMの日本円が出金できるようになったのが3月12日。
IMG_20180513_180557

1XEM=88.549円で払い戻しするとプレスリリースが出たのが事件から2日後の1月28日なので割とすぐに対応できたことになりますが実際には1ヶ月半ぐらいかかったということです。
ていうか、コインチェックは手数料が高いので相当儲かっていたでしょうからもっと早く対応できたかもしれないですよね。

すぐにでも引き出したかったのですが、少し忙しくて放っておいてしまったので、やっと先日出金いたしましたので、方法を備忘録しておきます。

ログインし「日本円を出金する」をクリック
Inked-2_LI

新しい口座を登録する
Inked5_LI


口座情報を入力し登録する
6


この口座で良ければ、出金額のところに出金可能額以内の金額を入力し出金申請をする。
(手数料はしっかり取られます・・・)
Inked7_LI


日本円出金履歴の出金金額が合っているか確認する。
Inked8_LI

終了。

指定の口座に2日後に振り込まれていました~(^^)

戻ってきたお金でソーシャルレンディングに投資するつもりです。
利確扱いになるのでもちろん確定申告もいたします。

最初にも書きましたが、仮想通貨自体が悪いわけではなく、それを運用する人間が悪さをするのだと思います。まだまだこれからだと思って少額投資に努めます。

その際に重要なのが積み立てられること。仮想通貨の積立ができるのはZaifだけです。
ドルコスト平均法で積み立てるので相場を気にする必要はありません。相場に振り回されるのはサラリーマンには重たすぎますからね。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村

今日は更新が遅れてしまいました・・・

今日は一日中、パソコンとにらめっこ・・・
勉強していました。

コインチェックのGOX(不正アクセスで預けていた通貨が消えること)騒動から
二日が経過し、早々とコインチェックから日本円での補償の話が出てきました。
相当儲かっているというのが一般的な見解ですね。
手数料が高いことで有名だったコインチェックなので
結局儲けも利用者たちからの「血税」と同じなのよね。

まぁ何とか最悪の事態は回避できていると見た方がいいでしょうね。

やはり取引所で保管するのは危ないかなと
他の取引所からもせっせとウォレットに移しておりました。
今日はそれで疲れたのでした。

コインチェックも出金できるようになったら
残りも引き上げなければいけません。

色んなことがあって
普及していくとは思うので
痛みを伴うのは仕方ないのかな・・・

技術者たちが犯人を追跡するのをtwitterで見ることができるのも
革新的だと思います。

この2日間で一番新鮮な情報はtwitterに集まると思いました。
玉石混交ですが。

2018年どうなっていくのかわかりませんが
自分の頭で考えて行動していけるように頑張ろうと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村




このページのトップヘ