腹は立てずに横にして

日々の想い、思い出話、雑然とした心の中を綴ります。
たまに毒っ気あり。

タグ:BOOWY

30年来のBOOWY好き。
最近になってこんなもん見つけてしまった!



むっちゃうまいしノリノリ!

調べてみると鈴木慶子さんというれっきとしたバイオリニスト。
技術があるからこその遊び、いやこれは素晴らしいシゴトですよね~


昨年の9月22日にもGIGSを開催した模様。
あー行きたかった~


どうも布袋さんがお好きみたいです。

今年に入って好きなもの三つ目みーつけた!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村


伝説のロックバンド BOOWYの曲を勝手に紹介するシリーズ
第5弾

「DANCING IN THE PLEASURE LAND」



直訳すれば
「楽しい土地で踊っている」って感じかしら。
まいど意味不明な英単語が並ぶ
ヒムロックらしい歌詞です。

レフトハンドのMAKE LOVE 抱き寄せてパッション
交わす言葉には がんじがらめのフィクション
濡れたCAVEにそっと すべり込むアイロニー
パラノイヤみたいに 踊るムーンライト


CAVEってのは洞窟、つまり・・・そういうことですね。
パラノイヤ・・・偏執病 妄想性パーソナリティ障害の一つ

踊り狂っているんですね。

全体を通して
卑猥さと退廃がないまぜになった感じの歌詞と思っていいのだろうなぁ。

曲もそんな感じがします。
特に後奏でヒムロックが「DANCIN DANCIN THE PLEASURE LAND」
と叫ぶのと、布袋さんと松井さんの刻みが最高に卑猥ですよ。

上のYoutubeは1986年4月11日の埼玉のライブがアップされていて
これがかっけーので是非見てみてください。

4枚目のアルバム「JUST A HERO」の最初の曲です。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村

伝説のロックバンドBOOWY の楽曲を勝手に紹介するシリーズ第4弾

「CLOUDY  HEART 」

これも失恋の歌か。
失恋の歌好きだね~

否、私は恋愛あーだこーだの歌は好きではありません。
恋愛のことばかり歌っているのはなんかちょっと下に見てしまう感じ。
西野カナの歌詞とか私があと20年若くても全く共感しなかったと思います。
おばちゃんはチャンネルをすぐに変えます。

恋愛より楽しいこといっぱいあると思うんですよね~自分を承認するには一番分かりやすいですけど、恋愛至上主義みたいなのが正直よくわからんからだと思うのです。
可愛いげがない?
よく言われます!

話が逸れましたが
BOOWY も恋愛の歌は多いのですが
視点が男性なのと曲がいいのと氷室さんの声で
許す!!という感じです。

そしてこれは氷室さんの実体験による歌詞なのだとか。



軽い始まりだけど
割りと長くなったし
お身体だけはどうぞ大事に。

て、なんかいいんです。キュン。



そうね
終わりは当たり前のように来るものだし
仕方ないね
はしゃいでたあの日にサラバ
馬鹿馬鹿しいけど俺
周りのやつに言われお前といるの悩んでたもの~



言葉かぶせるかぶさる

「くるものだ(し)仕方ないね」
「あの日にサラ(バ)馬鹿馬鹿しいけど俺」

こんなのありなんですね~

音にはまらなかった?
わざと?
どっちでしょうか。


HONEST  LOVE
SAY THIS FALL  IN  LOVE 
HONEST  LOVE 
SAY  THIS  UNTIL  LOVE 

意訳→
素直に言うよ
恋してるんだ
まだ愛してるんだ

未練たらたら..ですね。

男の方があと引きずるていうけど
そうなのか疑問はある
個人差じゃないのかなぁ。


Cloudy  Heart は
季節は君だけを変える
のB面です。

アルバムでは3枚目の
「BOOWY 」に収録。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村







BOOWYの曲を勝手に紹介するシリーズ第3弾
第1弾
第2弾

今回もアルバム「JUST A HERO」から

「Plastic Ocean」
BOOWYの中では唯一の全部が英語の詞です。
珍しい全部が英語の詞です。
(後日追記:「PSYCHOPATH」も全部英語の詞でした)

詞を読むと
熱すぎる愛情を別れちゃった彼女に訴えている曲です。
というか未練。
はい、終わり。

いやいや、直接的な表現も英語にくるまれるとなんかいいですね~

I wanna sleep with you and make you come again.
I'm dreaming of your sweet  soft sexy body them.
I want you eat you lick you want you now.

中学生のワタクシは辞書を引き引き訳しましたよ~
だってlick=舐める やで
まだよくわかってなかったけどエッチな曲なんだなぁということは何となく…

男の失恋を
アップビートで軽ーく歌うヒムロック最高!!

アルバムでもCDにしか収録されていない曲です。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村

大好きだったBOOWYの好きな楽曲を紹介するシリーズ第2弾
第1弾はこちら→

「JUSTY」
BOOWY 4枚目のアルバム「JUST A HERO」収録。1986年発売。
専門家によるとBOOWYというものがこのアルバムで
完成された感じらしいです。

私は好きになったのが遅かったもので
このアルバムも解散前に聴き始めて
この中の曲はすべて好きでだいぶ自分で歌っていました。

その中でも「JUSTY」を今回ご紹介します。

前奏から飛ばしてます布袋さん。
そして高橋まことさんもビートを刻みます。

最初からサビっぽい
「JUSTY 季節外れのアイリス
JUSTY 危険な恋のサンライズ」

歌詞は意味をなさない。
英語やフランス語の単語が飛び交う。
検索した他のサイトの訳が面白かった・・・

2サビ
「最初からBABY IT'S ALL RIGHT
WONDERFUL TIME ONLY YOU ALL RIGHT」

ほんと意味不明。

布袋さんのうなるギターの後、
ブリッジ(2メロ中盤と同じだがバックはパーカッションのみ)
「マーマレードな恋だから
フェミニストのままじゃいられない(フェミストと聞こえる)
いつでもそばにいてほしいのサ
I THINK JUST NOW」


甘い恋ってことか?

まぁいいのだ、曲がいいのだ。(布袋さんの作曲)
氷室さんの軽い歌い方で
すごくPOPな感じがする。

「JUSTY」は造語だそうだ・・・
約30年後に知る私でした。


JUST A HERO




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村




このページのトップヘ