CLOUDYHEART

2017年11月02日

伝説のロックバンドBOOWY の楽曲を勝手に紹介するシリーズ第4弾

「CLOUDY  HEART 」

これも失恋の歌か。
失恋の歌好きだね~

否、私は恋愛あーだこーだの歌は好きではありません。
恋愛のことばかり歌っているのはなんかちょっと下に見てしまう感じ。
西野カナの歌詞とか私があと20年若くても全く共感しなかったと思います。
おばちゃんはチャンネルをすぐに変えます。

恋愛より楽しいこといっぱいあると思うんですよね~自分を承認するには一番分かりやすいですけど、恋愛至上主義みたいなのが正直よくわからんからだと思うのです。
可愛いげがない?
よく言われます!

話が逸れましたが
BOOWY も恋愛の歌は多いのですが
視点が男性なのと曲がいいのと氷室さんの声で
許す!!という感じです。

そしてこれは氷室さんの実体験による歌詞なのだとか。



軽い始まりだけど
割りと長くなったし
お身体だけはどうぞ大事に。

て、なんかいいんです。キュン。



そうね
終わりは当たり前のように来るものだし
仕方ないね
はしゃいでたあの日にサラバ
馬鹿馬鹿しいけど俺
周りのやつに言われお前といるの悩んでたもの~



言葉かぶせるかぶさる

「くるものだ(し)仕方ないね」
「あの日にサラ(バ)馬鹿馬鹿しいけど俺」

こんなのありなんですね~

音にはまらなかった?
わざと?
どっちでしょうか。


HONEST  LOVE
SAY THIS FALL  IN  LOVE 
HONEST  LOVE 
SAY  THIS  UNTIL  LOVE 

意訳→
素直に言うよ
恋してるんだ
まだ愛してるんだ

未練たらたら..ですね。

男の方があと引きずるていうけど
そうなのか疑問はある
個人差じゃないのかなぁ。


Cloudy  Heart は
季節は君だけを変える
のB面です。

アルバムでは3枚目の
「BOOWY 」に収録。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村









patrician24 at 23:00コメント(0)
ギャラリー
  • ハワイのホテルの偶然
  • ハワイのホテルの偶然
  • ハワイのホテルの偶然
  • 名古屋と言えば?
  • 名古屋と言えば?
  • 愛しの奈良
  • 愛しの奈良
  • 愛しの奈良
  • 愛しの奈良
livedoor プロフィール